永井玲衣さん、サッカー通への道。

4

【永井玲衣さん、サッカー通への道。】第4回 サッカーを楽しむとはどういうことなのだろうかと考える。

仕事であれ趣味であれ、自分に縁遠いと思っていたことでも、思い切って触れてみることで意外な面白さを発見することがあります。この企画では、幼少期から現在までもっぱらスポーツに疎い人生を送ってきたという哲学研究者の永井玲衣さんに、初めて試合観戦を体験してもらい、その紆余曲折を全4回のエッセイで綴ってもらっています。

最終回は、“サッカーを楽しむ”を、考えます。連載を通じて、テレビ観戦やスタジアム観戦を

もっとみる
とても嬉しいです。ありがとうございます!

【永井玲衣さん、サッカー通への道。】第3回 いよいよスタジアムで試合観戦をする。

仕事であれ趣味であれ、自分に縁遠いと思っていたことでも、思い切って触れてみることで意外な面白さを発見することがあります。この企画では、幼少期から現在までもっぱらスポーツに疎い人生を送ってきたという哲学研究者の永井玲衣さんに、初めて試合観戦を体験してもらい、その紆余曲折を全4回のエッセイで綴ってもらっています。
第3回は、いよいよ試合を見にスタジアムへ。5月28日に千葉県のフクダ電子アリーナで行われ

もっとみる
ありがとうございます⚽他の記事もぜひ読んでくださいね…!

【永井玲衣さん、サッカー通への道。】第2回 自宅で「サッカーの試合」を再生してみる。

仕事であれ趣味であれ、自分に縁遠いと思っていたことでも、思い切って触れてみることで意外な面白さを発見することがあります。今回は、幼少期から現在までもっぱらスポーツに疎い人生を送ってきたという哲学研究者の永井玲衣さんに、初めて試合観戦を体験してもらい、その紆余曲折を全4回のエッセイで綴ってもらいました。
第2回は、初めてのテレビ観戦。4月8日に行われたなでしこジャパンvsパラグアイ女子代表の国際親善

もっとみる
ありがとうございます⚽他の記事もぜひ読んでくださいね…!

【永井玲衣さん、サッカー通への道。】第1回 手始めに、「サッカー」と検索してみる。

仕事であれ趣味であれ、自分には縁遠いと思っていたことでも、思い切って触れてみると、意外な面白さを発見することがあります。それはきっと、サッカー観戦も同じ。一歩踏み出してみれば、おのずと自己流の楽しみ方が見つかるかもしれません。
「試合を観たことがないどころか、ルールすらも自信がない……」。そう話すのは、日常生活に潜む”あたりまえ”に一歩立ち止まって考える「哲学」を切り口にした執筆活動でも人気の哲学

もっとみる
ありがとうございます!これからも応援よろしくお願いしますm(_ _)m